高齢出産とは

高齢出産といえば、最近では、皇室の秋篠宮妃紀子様が39歳で出産されたことで注目を浴びましたが、紀子様の場合は、初産ではなく3人目の出産ということでありましたけれども。
高齢出産というのは、何歳からの出産をさすのでしょうか。日本産科婦人科学会では35歳以上の初産婦を「高年初産婦」と定義しています。妊娠・出産の最適齢期は20歳代といわれています。35歳以上の初産を高齢初産と定義していますが、卵子が妊娠する能力は、33歳から低下するといわれています。
高齢になれば、妊娠の可能性も低くなり、そして妊娠・出産に異常を起こしやすくなるという可能性は否定できません。しかし、もちろん何の問題もなく妊娠・出産するケースも少なくありません。
高齢妊娠・高齢出産をとにかく「危険視」して不安がったり否定するのではなく、高齢からくる様々な危険性を踏まえそれに対処しつつ、無事出産する心構えが必要ということだと思います。

高齢出産について

高齢出産とは、35歳以上での初産をさしていわれるものです。高齢出産の要因は、女性の高学歴化、晩婚化がその要因といわれています。
確かに女性の高学歴化、そして女性の社会進出は当たり前となり、結婚よりも仕事、子供よりも仕事、という女性も多いかもしれません。
しかし、結婚して子供もほしいのだけど、経済的にやっていけない、出産後、職場復帰できるかわからない(復帰できないなら、お金を貯めるのは今しかない)という不安から「子供、産めないよね」という声も、実際職場でよくききます。そういったためらい・不安から、結局「産むか産まないか」を逡巡し、高齢出産を招いている面もあるように思います。
高齢出産の危険因子としては、遷延分娩・分娩停止、分娩時出血量の増加、帝王切開率の上昇等があります。また新生児の生後1週未満の死亡率というのも、高齢出産では高くなっています。
高齢出産とは、こういった危険性をおしての、ある意味「命をかけての」出産なわけですから、せめて産んだ後、何の心配もない社会環境を用意してあげたいものですね。

高齢出産